幼児・赤ちゃんの頭皮の赤みの原因




赤ちゃんの頭

小さいお子さんの居るご家庭であれば、幼児や赤ちゃんの頭皮の赤みも気になるところですよね。でもすぐに病院に飛んで行った方がいいのでしょうか。
可能性のある原因を探りながら冷静に考えていきましょう。

シャンプー時に洗う際の刺激

シャンプーのときに強く擦ってしまったりした場合、大人にとって大した力でなくても赤ちゃんに頭皮では大きな刺激を与えてしまうことがあります。

赤ちゃんのシャンプー時は指先に決して力を入れず優しく洗ってあげましょう。
そして数日様子を見て赤みが引けばそのままで大丈夫です。

シャンプーの成分が合わない

赤ちゃんのシャンプーシャンプーの時に多くの赤ちゃんは、赤ちゃん用の刺激の少ないシャンプー(体全体用)などを使いますが、もし大人用のシャンプーなどを薄めて使っている場合はすぐに中止するようにしましょう。
化学薬品が多く使われているので赤ちゃんには刺激が強すぎます。

また、赤ちゃん用のベビーシャンプーや全身用のベビーソープを使用していたとしても、肌に合わない場合があります。
特に安価の全身用ベビーソープを洗髪にも使用していた場合、頭皮トラブルが起きる場合も。

そういった場合は、天然由来成分を使用した肌に優しいオーガニックのベビーシャンプーを使用することをおすすめします。

赤ちゃんでもアトピーが発症する

アトピーの症状が頭皮から出る場合もあります。
その場合は皮膚の剥けも激しくなり痒がり方も強くなるので、そのときには皮膚科を受診しましょう。

とりあえず赤くなったらすぐにアトピーと判断せず、1週間程度様子を見てみることも大切です。
ほとんどは特にアトピーなどの問題ではなく戻っていきます。

乳児脂漏性湿疹による赤み

乳児には多く起こる症状で、大人の脂漏性湿疹のように細菌が関係しているものではありません。
頭皮が臭かったり頭皮が剥けているような感じになることもあります。
生後1カ月以降1歳までの間に起こりやすい症状です。

頭皮から出るたくさんの分泌物は老廃物が出るため臭かったりすることもあります。
頭皮にかさぶたができることもありますが、それを無理に取ることはやめましょう。

赤ちゃんや子どもの頭が臭いと思った時の原因と対策

2015.11.18

そんなときにはオリーブオイルやワセリン、馬油などを1滴と水を数滴の割合で手の平の上で混ぜ、頭皮を優しくマッサージしてあげます。

その後、赤ちゃん用のクシで髪をとかしてあげるとフケやかさぶたなどが自然と取れます。あとは軽くシャンプーをしましょう。
すすぎと乾燥はきちんとしなければなりませんがドライヤーは厳禁です。

GEN

新米ママさん・パパさんにとって、慣れない赤ちゃんのシャンプーってとっても難しいことだと思うんだけど、赤ちゃんの健やかな頭皮環境を整えてあげられるのも新米ママさん・パパさんしかいないからここはしっかりと「赤ちゃんのシャンプーのしかた」は覚えてもらいたいところだよね!

リリコ

確かに赤ちゃんのシャンプーって難しそう…と言うか、慣れるまではやっぱり怖くて上手に洗ってあげられないかもしれない…。

GEN

上手に洗えなくてもしっかり洗ってあげないと、赤ちゃんの頭皮にトラブルが発生してしまって痒かったり痛がるのは赤ちゃんだからね。
上手に洗えなくていいから、洗い残りが出ないようにしっかり洗い流してあげるように気を付けてほしいんだ!特に見落としがちな耳の裏や生え際部分ね。

リリコ

赤ちゃんは大人に比べて1日に汗をかく量がすごく多いって言いますもんね!
慣れなくてもしっかりと、でも優しく洗いよく洗い流してあげていつも清潔な状態にしてあげることがママさん・パパさんの赤ちゃんへの愛情って感じでしょうか。

GEN

そうだね!時間に追われているからチャチャっと済ませるんじゃなく、赤ちゃんだからこそ念入りに丁寧に洗ってあげてほしいな。まだ肌の機能が未発達な赤ちゃんだからこそちょっとの洗い残しが大きなトラブルにつながってしまいかねないからね!

おすすめはボタニカルのベビーシャンプー

ぬくもり泡シャンプー赤ちゃんの頭皮トラブルが心配なママは天然植物エキスでつくられたボタニカルベビーシャンプーのぬくもり泡シャンプーがおすすめです。

15の無添加にこだわり、肌のビタミンと呼ばれる葉酸やビオチンを配合しているため、肌にやさしいだけでなく整肌効果も期待できるベビーシャンプーです。

もちろん保湿成分もたっぷり配合されているので、乾燥肌にもぴったりです。

ボタニカル成分のため少々価格は高めですが、その分機能性には優れたアイテムなので、頭皮の悩みを持つ方は一度試してみてください。

ぬくもり泡シャンプーの詳細を見る

赤ちゃんが自分で掻いてしまった時

赤ちゃんちょっとした痒みで赤ちゃんが掻いてしまったところが赤くなることもあります。
傷ができることもありますので、常に爪は短く切ってあげるようにしましょう。

また、蚊に刺されるということもあります。
赤くなって痒がるときには、頭皮をよく見ると蚊に刺された跡がある場合も。
この場合も掻いてしまうので赤ちゃんの爪の長さには注意しておきます。

頭皮のジュクジュクや鱗のような状態は皮膚科を受診しよう

頭皮が膿んだりジュクジュクしている場合は炎症を起こしています。早めに小児科や皮膚科を受診した方が良いでしょう。

また、一部分でも鱗のような状態だったり、少しだけふっくらした真っ赤な部分が広がっているような場合も病院に早めに行くようにしましょう。
皮膚病なら早期治療が必要な可能性もあります。

そして何よりも重要なのは、赤ちゃんの状態をよく観察しょう。
特にいつもと違って異常な泣き方なら、痛みや痒みが強いと考えられます。
いつもと違った長泣きや強い泣き方、熱、食欲なども観察して異常があればすぐに病院に行くようにしましょう。

赤ちゃんの場合はあまり焦って病院に連れて行っても、他の病気の感染も気になります。
しかし全体の状態によっては急ぐことも必要になるので、その辺をお母さんは注意してあげるといいのではないでしょうか。