頭皮が赤くなってしまう原因とは?




頭皮に悩む女性
頭皮が赤くなっていても意外と気付かないものです。痒みがあったり痛みがあることで気付く程度ではないでしょうか。
しかし、ちょっと気になる症状があるときには赤みがないか頭皮を調べてみましょう。早期発見により素早い対処ができます。
また、赤くても焦ることがないものか、いろいろな原因を知っておくと対処もしやすいはずです。

毛細血管が拡張し紅斑に

頭皮が赤くなることは意外と多く、そのままにしていても自然に治ってしまうことがほとんどです。
何か頭皮にトラブルがあったとしても大きな問題ではなく終わってしまいます。
そんな赤みのことを紅斑と言いますが、そんなときには頭皮全体の状態をちょっと気にしてみましょう。
他の症状があれば何か対処が必要なことがあるかも知れません。

赤斑は頭皮の近くの毛細血管が拡張したことで赤くなるために起こります。
例えばその部分を指でちょっと強めに押して離してみると、一瞬赤みがなくなるので毛細血管の拡張と分かるのです。
もし毒虫などに刺されたりした場合や皮膚病などの場合は、その部分を押しても赤みが消えずにずっと赤いままとなります。

さて、このような頭皮の赤みは放っておいても自然に良くなることがほとんどですが、だんだん痒みや化膿などの症状が起こってくる場合は、皮膚科に相談することをおすすめします。

頭皮が清潔でないこと

原因にはいろいろありますが、まず清潔にしていない場合が考えられます。
シャンプーのしかたが乱雑だったりすると、毛穴に皮脂などが詰まってしまいます。
それによって雑菌が増えて炎症が起きることもあり、そのために赤くなるのです。
この場合はきちんと毛穴まできれいにシャンプーすることが必要です。
マッサージをしながらシャンプーを行うといいでしょう。ただしマッサージを行いながらシャンプーをする場合はナチュラルなシャンプー剤を使うようにしたいものです。

紫外線によるトラブル

kayumi02紫外線は意外と頭頂部には強く影響してしまいます。
頭皮に紫外線が長時間当たることで、頭皮細胞には活性酸素が増えていきます。
皮膚細胞は敏感に反応し、いわゆる日焼けをして皮膚が赤くなるときと同じことが頭皮にも起こるのです。
できるだけ帽子や日傘などで紫外線を避けるようにしましょう。

シャンプーをして頭皮の血行促進

シャンプーする女性頭皮の血行はとても重要です。頭皮の血行が悪いと健康な頭皮を保つことができません。
毛髪に栄養も届きにくいのでブラッシングをしたり、シャンプーのときにマッサージをするように心掛けましょう。
ブラッシングをするには、頭皮の血行を良くするためのブラシを使う方が頭皮の傷みがなくおすすめです。
またシャンプーをするときのマッサージは、10本の指の腹を使って大きくつまみながら弾くようにマッサージをするといいでしょう。

GEN

頭皮の血流が悪いということは、髪の毛自体が細くなり元気がなくなる上、薄毛・抜け毛の原因にも繋がるから、シャンプー時に頭皮のマッサージをするのは、元気でツヤのある髪の毛を維持するためにも大切なんだよ!

リリコ

確か、髪の毛に必要な栄養素は血液の流れに乗って運ばれ、髪の毛に届けられるんですよね?

GEN

その通りだよ!
だから、頭皮の血流が悪いと、必要な栄養素が髪の毛に送り届けることができないでしょ?
栄養を受け取れない髪の毛は細くなりやがて抜け落ちてしまう…。
だからこそ、頭皮をマッサージすることで刺激してあげる必要があるんだけど、シャンプー時にマッサージしながら洗えば面倒はないから誰でも気軽にできるよね!

リリコ

それに、マッサージを意識しながら洗えば、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れもしっかり洗い落せそうですね!

GEN

そうだね!でも、勘違いしてほしくないのは、マッサージだからと言って力を入れ過ぎないこと!あくまでも優しく「指の腹で弾くように」がポイントだよ!

リリコ

はい!「指の腹で弾くように」ですね。
早速今夜からシャンプーする時は優しい頭皮マッサージも意識しながら洗います!

皮膚病になった場合

医者もし赤みが大きくなってきたり、痒みがひどくなってきたら病院の皮膚科に相談に行きましょう。
乾癬などの皮膚病の場合はステロイドなどの軟膏を使わないと痒みや広がりが改善されません。

完治は難しいものの、光線治療などいろいろあるので適切な治療を受けるようにしましょう。