シャンプーでの洗い過ぎで頭皮が赤くなる?




シャンプーする女性
シャンプーで洗い過ぎによって頭皮の赤みを引き起こしたり、痒みの原因になったりします。
その理由にはどういうものがあるのでしょう。

シャンプーで頭皮を傷付けた

シャンプーのときに爪を立ててしまったり、擦りすぎで頭皮を傷付けた場合に赤くなります。
赤くなるだけが数日続き、自然に治る場合もあります。

またその傷から雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうこともありますが、雑菌によって炎症がひどくなった場合は抗生物質系の軟膏などを塗るといいでしょう。

乾燥による赤み

シャンプーをし過ぎると、頭皮の皮脂が取れすぎてしまい乾燥肌となり、肌が荒れてしまうと赤くなることがあります。
痒みなどが軽くあると知らないうちに掻いてしまい、それが赤くなってしまうこともあるようです。

洗い過ぎによって毛穴の中の皮脂が、必要以上に取れてしまうことが考えられます。
特に合成界面活性剤配合のシャンプー剤を使用した場合は、洗い過ぎでなくてもこのような状態になることがあるので注意が必要です。

脂性による赤み

上記でも挙げた通り、シャンプーのし過ぎは必要以上の皮脂が取れてしまいます。
人によっては乾燥肌になる反面、逆に皮脂分泌異常によりどんどん皮脂が多く出てしまったりします。
脂性になると毛穴に皮脂が溜まりやすくなってしまいます。

シャンプーをしてもなかなか取りきれず、毛穴の中に残った皮脂を好む雑菌が繁殖し炎症を起こすことで赤くなることもあります。この場合は赤み部分が炎症によって痛くなることも。
その上、アルコール系のシャンプーを使っていたら余計このような症状が出やすくなります。

シャンプーの回数の問題

シャンプーのし過ぎは頭皮が荒れてしまうことになります。
それによっていろいろなトラブルが起こり、結果として赤くなると考えるようにしましょう。

まずシャンプーは1日1回以上する必要はないと言われています。
中にはシャンプーは1日1回ではスッキリしないという人もいますが、そういうタイプの人はほとんど脂性タイプの人が多いようです。

シャンプー回数を1日1回にして、合成界面活性剤使用のシャンプーを使わないようにしましょう。
そして皮脂分泌異常を改善するためにナチュラル成分のシャンプー剤を使用するようにします。

さらにシャンプーのときにはしっかり頭皮をマッサージしましょう。
シャンプー時のマッサージは血行を良くすることと、毛穴の中の汚れを押し出すという理由があります。
きちんとしたマッサージをしてシャンプーをすれば1日1回で十分です。そして皮脂分泌異常も徐々に改善されていくはずです。

リリコ

GENさん!シャンプー剤はアミノ酸系が頭皮には優しくていいのは十分分かったんですけど、そもそもどうしてアミノ酸系がいいんですか?
肌が強いならアルコール系シャンプーでも問題はないんですよね?

GEN

いい質問だね!じゃあその辺をちょっと簡単に説明しようか。
なぜアミノ酸系シャンプーがおすすめなのか、その理由は…
まずひとつは頭皮(皮膚)のpH値は約5前後の弱酸性であること。そしてもうひとつは、毛髪は約80%が複数のアミノ酸からなるケラチンたんぱく質からできているということ。
科学的中性値はpH7だから、頭皮も髪の毛も弱酸性なんだよね!

リリコ

中学の授業で確か習いました!
pH(ペーハー)って水素イオンの指数を指して、液体がアルカリ性なのか酸性なのかをリトマス紙で調べる実験やった覚えがあります!

GEN

そうそう!実は液体だけに限らず、頭皮(皮膚)にも同じことが言えるんだけど、頭皮(皮膚)の場合は弱酸性に傾くってわけなんだ。

リリコ

なるほど!

GEN

さっき、リリコちゃんが「肌が強い人はアルコール系シャンプーでも問題ないんじゃ?」って言ってたけど、肌が強くても弱くても人間の肌(頭皮)はpH5前後の弱酸性だから、シャンプーもアミノ酸系シャンプーの方が肌には優しいってことなんだよ。
確かに、アルカリ性でできているアルコール系シャンプー剤を使ったとしても、分泌される皮脂や汗で中和されるから、頭皮は自然と弱酸性に戻るんだけど、アルカリ性に傾いた頭皮(皮膚)は中和されるまで敏感になって炎症を起こしやすくなるから、そう考えても、肌が強い弱い関係なくアミノ酸系シャンプー剤を使用することを僕たちはおすすめしたいんだよ!

薄毛の原因はシャンプーの選び方や洗い方にある?

2017.10.03

頭皮をマッサージをする

頭皮をマッサージする女性指を大きく開き指の腹を使って頭皮を掴み、弾く、掴み、弾くという行為をリズミカルに行います。
これは血行も良くなり頭皮に栄養が届きやすくなります。そして血行が良くなると頭皮のターンオーバーも正常になっていきます。

ただし皮膚代謝は約28日サイクルなので、代謝するたびに改善されていっても大きな変化には数カ月かかるので、気長に数カ月レべルで頭皮の様子を見ていきましょう。