赤ちゃんの頭皮が乾燥してしまった場合の対処法




赤ちゃん

赤ちゃんの頭皮も乾燥しやすいので注意してあげましょう。
デリケートな赤ちゃんの頭皮はとちょっとした理由でも乾燥してしまいます。

赤ちゃんのお肌はデリケート

赤ちゃんは本来頭皮も顔も体の皮膚もピカピカでとてもきれいなはずです。
しかし、お肌も頭皮もとてもデリケートなためすぐに荒れてしまうのです。
そして髪の毛に覆われている頭皮もカサカサになったり、痒がったりすることも。

そんなときは赤ちゃんの頭皮が乾燥していることがほとんどです。
そんな赤ちゃんの頭皮が乾燥する理由と対処法を考えてみましょう。

赤ちゃんの頭皮乾燥の原因

赤ちゃんの肌トラブルを総称として「乳児湿疹」と言います。
生後3カ月頃までの乳児脂漏性湿疹が多く見られ、皮脂が多い状態がほとんどです。
しかし3カ月を過ぎる頃から皮脂分泌が落ち着くので、今度はだんだん皮脂不足になっていきます。
そしてその後は皮脂の分泌が少なくなり、今度は乾燥頭皮になることもあるのです。

また生後3カ月がちょうど秋や冬だったら、大気も乾燥しているのでより頭皮乾燥がひどくなることもあります。
またシャンプー剤が赤ちゃんに合わないことも考えられるので見直すことも必要かもしれません。
他にもシャンプーの洗い方などに問題がある可能性があります。

シャンプー剤は赤ちゃん用のものを使っていますか?

シャンプーする赤ちゃんシャンプー剤を大人のものを薄めて使っているママさんもいるようですが、赤ちゃんの場合は赤ちゃん専用のシャンプーやボディーとシャンプー兼用の赤ちゃん用のシャンプーなどを使うようにしましょう。
もしアトピーの可能性がある場合は、アトピー用の赤ちゃん石鹸などを使うようにするのが好ましいです。

シャンプーの回数

シャンプーの回数は1日1回~2日に1回で十分です。
特に汗をかいたからと1日に2回も洗ってしまうママもいますが、それでは逆に乾燥頭皮にしているようなものです。
特別汚れてしまったとき以外、シャンプーの回数は増やさないようにしましょう。

大人とは違う洗い方で優しく

頭皮と髪の毛の洗い方は大人とは違います。
ごしごし洗うのではなく、指の腹を使って優しくなでるように洗ってあげることが大切です。
汚れを落とそうというイメージで洗うことは厳禁です。

ちょうどいいぬるま湯で

大人のちょうどいい温度のお湯は、赤ちゃんには熱過ぎるときもあるので注意しましょう。
お風呂の温度は38度がベスト。39~40度のお湯は絶対に頭皮を乾燥させてしまうのでやめましょう。
きちんとお風呂のお湯の温度を計って確認してから入れてあげましょう。

シャンプーの後始末

乾燥が強い場合は、お風呂上がり10分以内に保湿を補うベビー用のローションなどをつけてあげましょう。
また、あまり乾燥が目立つようならシャンプーの後、マグカップにお風呂のお湯を入れて2滴ほどのベビーオイルを入れたものを最後に頭皮にぱしゃぱしゃとリンスのようにつけてあげると良いです。

長引くなら病院に

しかしそれでも頭皮の乾燥が悪化したり改善がなかったり、痒がるというときにはアトピーなどの可能性も考えられるので、小児科や皮膚科の医師に相談するようにしましょう。

リリコ

赤ちゃんのお肌ってとっても繊細なんですね。

GEN

同じ人間でも、赤ちゃんと大人の皮膚の厚さって違うんだよ。
人間の皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層から成り立っているんだけど、大人の表皮の厚さは約0.2㎜、そして真皮の厚さは約1.8㎜に対して、赤ちゃんの皮膚(表皮・真皮)の厚さは大人の2分の1~3分の1ほどしかないと言われているんだよ。

リリコ

大人の皮膚の厚さの2分の1~3分の1の厚さって、すっごく薄いですよね?!

GEN

そうなんだ。だから赤ちゃんのお肌はとってもデリケートなんだよ!
赤ちゃんのおでこを良く見てみると、皮膚が薄いから血管が透けて見えるんだ。大人だったら、おでこを見ても血管が透けて見えるってことないからね。

リリコ

そんなに薄い皮膚で赤ちゃんは守られているんですね。

GEN

皮膚が薄いから力を入れてゴシゴシするのは絶対に厳禁!!
お風呂の時だけに限らず、おむつ交換の際におしりを拭くとくだって、優しくソフトに拭いてあげなければすぐにかぶれたり乾燥したりとトラブルが発生してしまう。

リリコ

なんか赤ちゃんのお世話をするのがちょっと怖いですね。
初めての赤ちゃんで慣れない育児の中、力加減が分からずに自分のせいでお肌にトラブルが発生してしまうと考えてしまうと…。

GEN

そんな怖がることもないよ(笑)
リリコちゃんもいつかはお母さんになって赤ちゃんのお世話をする時がくるから、その時は今回の話を思い出して、赤ちゃんのお肌を考えながら優しくお世話してあげてね!