ドライヤーは頭皮を乾燥させてしまう?~正しいドライヤーの使い方~




ドライヤーを使う女性

シャンプーの後は、頭皮を乾燥させてしまうことをできるだけ避けたいもの。そこでよく間違われるのがシャンプー後のドライヤーです。
ドライヤーを使うべきか、使わない方がいいのか。そして正しいドライヤーの使い方について考えてみましょう。

シャンプー後のドライヤーは頭皮や髪を乾燥させる?

シャンプーをした後、髪の毛はできるだけ無理なドライヤーでの乾燥より、自然乾燥でしっとりさせた方がいいと思っている人が結構いるようです。
確かに自然乾燥していると髪も地肌もしっとりして良い感じです。

それに比べて、シャンプーの後すぐにしっかりドライヤーで乾かすのは、また乾燥地肌を作ってしまうように感じている人も少なくないかも知れません。

自然乾燥は頭皮の乾燥を促進してしまう

シャンプーの後、自然乾燥をしていると結果的に乾燥を促進してしまうのが現実です。
地肌がしっとりしているときは、水分がまだ地肌に残っていたり、水分が皮膚にたっぷり含まれている証拠。

しかし、そのときの毛穴は開いている状態です。
時間が経つと開いている毛穴から、今度はどんどん水分が蒸発してしまうのです。

頭皮細胞の水分が蒸発するとますます表皮はボロボロになり、またフケがたくさん出ることにもつながります。

毛穴に水分が溜まっていると、雑菌がすぐに繁殖して頭皮が臭くなったり、頭皮ニキビや吹き出物が出来やすくなったりして逆効果。
また、薄毛や抜け毛の原因になったり痒みの原因にもなるので注意しましょう。

頭皮ニキビができると薄毛やハゲる原因になる?

2015.08.10

この状態は髪の毛のキューティクルが開いている状態なので、とても傷つきやすくなっています。
キューティクルが開いたままの状態で寝てしまうとキューティクルからの水分が蒸発し、潤いのないパサパサの髪の毛になり余計髪が傷む原因にもなるのです。

シャンプー後にはドライヤーを使ってしっかり乾かそう

ドライヤーで乾かす女性水分の蒸発を防ぐためにもシャンプーの後はドライヤーを使って、しっかり乾かすことが大切です。
地肌からきちんと乾かして水分を蒸発させないようにします。

しかしこのとき正しい使い方をしないと、今度はドライヤーによる頭皮と髪の毛のトラブルが起こってしまうので注意しましょう。

髪の正しい乾かし方

まずタオルで押し当てるように、髪の毛の水分を除きます。ゴシゴシ擦ることは厳禁です。
タオルに髪を少しずつ包みながら余計な水分を吸い取らせましょう。
タオルドライである程度乾いたらドライヤーを使います。

ドライヤーの風量は弱にし、10㎝以上離して髪の毛や頭皮を乾かしましょう。
60℃以上では髪を傷めるので注意するようにしてください。

乾きにくい根本から乾かすと、後が楽に乾きます。

髪の毛にツヤを出したいなら、ドライヤーを温風から冷風に交互に変えるようにしましょう。
キューティクルもしっかり閉じてツヤが出ると言われています。
完全に乾いたら、育毛剤や地肌専用化粧水などをつけて保湿の補充をすると、より乾燥地肌が改善されるのでおすすめです。

正しいシャンプー法と正しいドライヤー法を行うようにすると、髪と地肌はとても改善されます。
乾かすときには焦ると温度や風量を強くしたくなりますが、絶対に焦らずに、またドライヤーは近づけ過ぎないように乾かしましょう。

リリコ

ドライヤーのかけかたにもコツがあったんですね!
そもそも私は自然乾燥派だったので、髪の毛にはよくない方法だったんだとよく分かりました!
自然乾燥はもうやめて、今後はしっかりドライヤーで乾かすように気を付けます!

GEN

上記の説明にも出てきた「キューティクル」って良く耳にする言葉だからリリコちゃんも知っているよね?
ウロコ状の膜が重なり合って髪の毛の一番外側にあり、髪の毛から水分を逃さないように守っているんだけど、このキューティクルは濡れていると傷ついたり剥がれたりしてしまうんだ。
自然乾燥でまだ乾ききっていない状態で寝ると、髪の毛が枕で擦れてキューティクルは非常に剥がれやすくなってしまう。それくらいとっても薄くて乾燥や摩擦に弱いものだからね。

リリコ

うわぁー。。今までまさにそんな状態でした…。
ドライヤー使うの面倒で、乾ききっていない状態で寝るなんて当たり前でしたから…。
なんとなく潤いが足りないなーとは思っていたんですが、それが原因だったんですね…。

GEN

だからってドライヤーで乾かせばいいって問題でもないんだよね。
上記の説明にもあったけど、ドライヤーをかけるときは、地肌から10㎝以上離して温風「弱」でかけること!
キューティクルは乾燥・摩擦に弱いだけじゃなく熱にも弱いんだ。

リリコ

キューティクルってとっても繊細なんですね。

GEN

さらに、ロングヘアで乾くのに時間がかかるって人は、上記の通り根本から乾かすといいんだけど、このときのドライヤーの風の向きは、上から下に向かって流れるように乾かすと、温風が毛先に沿って流れていくから時短できるよ!

リリコ

キューティクルを守りつつ正しいドライヤーの使い方をマスターすれば、髪の毛の潤いもキープできてツヤツヤうるうるのヘアスタイルになれそうですね!