ヘアワックスは頭皮を乾燥させてしまう危険性がある?




ワックス

ヘアワックスの使用は頭皮を乾燥させるのでしょうか?
ヘアワックスによってどのような弊害があるのか。また逆に頭皮や髪には良いのかなど考えていきたいと思います。

ワックスはつけすぎに注意

ワックスは頭皮を直接乾燥させるものではなく、ワックスが多すぎて頭皮についてしまうことで頭皮に刺激を与えてしまうことも。そうなることで炎症による乾燥が起こることがあります。
また逆に脂漏性皮膚炎になって脂症のようになることもあるとのこと。
どちらにしても頭皮には良いことではなく、つけすぎには注意が必要です。

ワックスの髪への影響

ワックスは髪にも影響があると言われています。
ワックスの主成分は石油系油分とシリコン油が中心となっていて、髪をこれらの油分で包むことになり、それによって髪をくっつけたりツヤを出したりします。
シリコン油は安くコーティング力も強いという特徴があるので、ほとんどのワックスはシリコン油が使われています。

しかしシリコン油は痛んだ髪にはつきにくく、元気な髪につきやすいという性質があるので、髪が痛んでいるとつい厚塗りになってしまい頭皮に流れるリスクも増えてしまいます。
またシリコン油を落とすのはシャンプーによってですが、落とすときにキューティクルが一緒に剥がれてしまうので髪の毛が余計痛むと言われています。

ワックスを落とすには

シャンプーするシリコン油たっぷりのワックスを落とすのに最適なシャンプー法があります。
まずシャンプー前にお湯で絡んだ髪をほぐしてワックスをある程度落とします。

次にシャンプー剤を使わず、先にトリートメント剤をワックスの付いている部分に満遍なく付けていきましょう。
シリコン油もトリートメントも油性です。
強い油性を落とすときには洗剤成分より油性成分の方がしっかり落としてくれます。
つまり油性は油性で落とすという、クレンジングの要領と同じです。

その後、少量のシャンプー剤で軽くもみ洗いして、次に通常通りのシャンプーをします。
最後はしっかりすすぐことが大切です。ここですすぎが少ないと頭皮乾燥になるので注意しましょう。

男性用は注意

男性用のヘアワックスやスプレー、ムースなどは女性用よりずっと強い成分になっていると言われています。
男性用のものは短く太い髪をセットするため、どうしても女性用より固めになるようにできているわけです。
その分、シャンプーもしっかり行う必要があり、頭皮や髪の毛が痛む要因になりやすいとも言えそうです。

結局、成分の強いものを髪の毛につけることになるので、それを落とすシャンプー剤も油分を取る洗浄力の強いものを使ったり、油分をしっかり取るシャンプー法を行うことになります。
そしてそれこそ頭皮に存在する必要な皮脂まで余分に取ってしまい、頭皮乾燥につながっていくのです。
その結果、薄毛や抜け毛、痒み、フケなどの頭皮トラブルを起こすことにもなるので、ワックスは注意しなければならないのです。

逆にワックス自体は乾燥した髪の毛の保湿効果があるものも存在します。
しかし、髪を固める目的のものはどれもシャンプーによって頭皮乾燥が起こるリスクがあると言えるでしょう。

リリコ

私、普段からあまりワックスを使う方ではないので、ワックスについての知識とかってないんですけど…、ヘアセットをする上でワックスって結構必要なヘアアイテムですよね?
そんなヘアアイテムが実は使い方次第で乾燥頭皮を起こしてしまうとなると、安易に使うのはちょっと怖いものがありますね。

GEN

ワックスが悪いわけではないから、ちゃんと使用方法やその後の落とし方さえしっかりして上手に使えばなんにも怖いことなないよ(笑)
それでも油性ワックスの使用に抵抗があるけどワックスを使ってヘアスタイルを整えたいのであれば、水溶性ワックスもあるからそっちを使うってのもひとつだよね!

リリコ

水溶性ワックスもあるんですね!
普段ワックスを使わない私でも、結婚式やパーティーにお呼ばれした時にはヘアスタイルを整えるために多少ワックス使う機会もあるので、そんな時は水溶性のワックスを使うようにしようかな♪

GEN

油性ワックスでも水溶性ワックスでも、落とし方は上記の説明のように行い、丁寧にしっかりと落とすように注意はしてね!
シャンプーのすすぎの際、自分で「もういいかな」と思ってからさらに30秒~1分ほど余分にすすぎを行うようにするといいかも!
特に耳の後ろや髪の毛の生え際、うなじ部分なんかはすすぎが甘くなりやすいから気を付けてね!

リリコ

乾燥頭皮を回避するにはすすぎが命ってことですね!