フケが生え際に多く発生する理由




頭皮を気にする女性

いつもきれいにシャンプーしているのに、フケが生え際にたくさん出ているという場合があります。意外と目立つところで、人にも気付かれやすいようです。
さてそんな生え際のフケについて発生理由を考えてみましょう。

脂漏性皮膚炎かも?

特に生え際のところにフケが目立つようになった場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。フケが急に増えたと感じますが、実は頭皮のトラブルなのです。
もちろんシャンプーが合わなかったり、何かにかぶれたりしたことが原因ということも考えられますが、生え際のところに異常にフケが増えたというときには、ほとんど脂漏性皮膚炎が原因になっていることが多いと言われています。

脂漏性皮膚炎の症状

症状は特に頭皮から生え際にかけてフケが増えたというイメージがありますが、よく見ると赤い斑点が広がります。
顔や体にも同時に出ることも多く、小鼻のところが赤くなり皮が剥けることもあります。
ほかにも意外とできやすいのが耳の後ろや脇の下、太ももの付け根などの汗が溜まりやすかったり、摩擦の多いところに出やすいようです。
しっかりシャンプーをしているのにフケが多いときには、脂漏性皮膚炎を疑ってみましょう。

また乳幼児にも多いと言われていて、生後数週のおでこや頭皮、眉毛などに黄色いかさぶたができることもあります。
大人の場合は真菌によるものですが、乳幼児の場合は皮脂がつまることで起こるので、そのままでも改善されていきます。またアトピー性疾患とも似ているので間違われることもあります。

脂漏性皮膚炎の原因は?

常在菌体にはいつも体に住みついている常在菌というものがあります。
しかしこれはバイ菌というものではなく、皮膚の健康を保つためにいつも体に付いている菌のことで、病原菌の侵入をストップしてくれる心強い存在なのです。
そして常在菌にもいろいろな種類が存在していますが、すべてバランスよく存在しています。

しかし体調、睡眠不足、食生活の問題などがあると、その常在菌も異常繁殖することがあり、バランスが悪くなることも。そうなると、いわゆる善玉菌だったものが悪玉菌に変わってしまうのです。
異常に増えてしまった常在菌は悪さをするようになります。アクネ菌ならニキビを引き起こし、マラセチアという菌なら脂漏性皮膚炎を引き起こすのです。

脂漏性皮膚炎になったら?

ステロイド外用藥脂漏性皮膚炎になってしまったら、赤みやかゆみがあるときには抗炎症が必要なので、ステロイド外用藥を塗ると改善します。また顔の皮膚は薄いので短期間にパッと使って、だらだら使わないようにしましょう。
ステロイドは恐いというイメージがあるため、ちょっとだけ付けては中止してしまうという使い方をする人も多いようですが、それこそ逆に長く使用することになってしまうので、きちんと適量を付け、早く切り上げるようにしましょう。

ステロイドによって炎症が治まっても、菌が再度増殖してくることもあります。
炎症が終わってもステロイド軟膏と一緒に抗真菌剤を同時に塗っておくと完ぺきです。
さらに、ビタミンB2、B6が不足するとなかなか良くならないのでビタミンを摂取しましょう。

また、マラセチアは皮脂を好むので、日々のシャンプーをしっかり行いましょう。
この時の頭皮は敏感になっているので、できるだけアミノ酸系の天然成分100%のシャンプー、コンディショナーを使用するように心掛けましましょう。

リリコ

驚くのが、赤ちゃんでも脂漏性皮膚炎になりやすいものなんですね?

GEN

赤ちゃんの場合の脂漏性皮膚炎は、まだ毛穴が未発達にため皮脂がどうしてもつまりやすくなってしまうんだ。でも、成長と共に毛穴が発達してくると脂漏性皮膚炎も自然と良くなってくるからあまり問題視することはないと思う。
それでも気になるお母さんは、赤ちゃんを病院に連れて行って医師に相談するのが一番安心するとは思うけれど。

リリコ

じゃあ逆に、毛穴の発達がしっかりしている大人がなる脂漏性皮膚炎は…。

GEN

成人の場合の脂漏性皮膚炎は上記でも説明があったように、マラセチアと言う真菌(カビの一種)が原因だね。
シャンプーを変えてみたり、市販の薬を塗っても改善が見られない場合は、いつまでもそのままにせずに医師の診断の元、薬を処方してもらって早く治すことが一番だよ。
脂漏性皮膚炎はしっかり治療しないと慢性化したり再発したりと、大変な思いをするのは自分自身だからね!