頭皮にカビ?気をつけたい脂漏性皮膚炎




頭皮にカビ

頭皮にカビが付いてしまうと脂漏性皮膚炎という痒み、フケ、悪臭、乾燥肌、脂性肌などになると言われていますが、なんだかそれだけでも恐ろしくなってしまいます。
そんなカビの予防と治療を考えてみましょう。

脂漏性皮膚炎はカビが原因

私たちの体にいる常在菌には、例えばニキビの原因と言われているアクネ菌などさまざまな菌が存在しています。
その菌たちは常時肌に住みつき外敵から守ってくれる善玉菌ですが、何かの理由で増殖してしまうと悪玉菌として細胞を攻撃しようとするのです。

脂漏性皮膚炎の症状

皮膚炎カビの一種のマラセチア菌が増殖してしまうと、頭皮だけでなく体にも赤い発疹ができたり痒みが起こったりします。
頭皮にも赤い発疹ができることも多く、痒みも相当強くなるので掻いてしまうことも。

皮膚が剥けるので大きなフケがいっぱい出てきます。特に生え際のところなどは多く、目立ってしまうので早く治療したいものです。
そうでないと異常なほどのフケは不潔だという印象を持たれてしまいます。

そのまま放っておくとマラセチア菌によって多くのフケと一緒に、髪の毛も抜けてしまうこともあるのです。
また、マラセチア菌が多いとせっかくシャンプーをしてもイヤな臭いを発するようになることもあります。
菌が繁殖するときに悪臭を放つので、シャンプー後もしっかり乾かして繁殖を抑えるようにしましょう。

マラセチア菌を増やさないようにするには

菌の中でもマラセチア菌(カビの一種)が、脂漏性皮膚炎を起こすと言われています。そのためマラセチア菌を増やさないようにしなければなりません。
まずシャンプーは一般のアルコール系シャンプー剤からアミノ酸系シャンプー剤に切り替えましょう。
マラセチア菌が多く繁殖している間は、殺菌力の強い専門のシャンプー剤の方が完治するためにはおすすめです。

しかし改善してからもアルコール系シャンプー剤を使っていると、皮脂コントロールができなくなり、皮脂が出過ぎたり不足したりと頭皮トラブルが起りやすくなります。
そのためアミノ酸系シャンプー剤を使うようにしましょう。
そしてシャンプーは毎日しますが、1日1回以上はしないようにします。シャンプーのしすぎも皮脂コントロール不能になる原因になるからです。

また食事の面でも皮脂が増えるような油物は避けるようにしましょう。チョコなども皮脂を増やします。糖質(炭水化物や糖分)なども取りすぎは注意するようにしたいものです。
他にも食べ過ぎによる肥満も皮脂を増やす原因となります。

リリコ

そもそも、どうしてアルコール系シャンプーを使用すると、頭皮の皮脂コントロールができなくなってしまうんでしょうか?

GEN

アルコール系シャンプーはアルカリ性で非常に洗浄力が強いんだ!頭皮の皮脂をキレイに洗い流すのは大切なことだけど、皮脂を取り過ぎるのも頭皮には良くない。
でも、アルコール系シャンプーは洗浄力が強いがゆえ、必要以上の皮脂まで洗い流してしまうんだよ。
そうなると頭皮は「もっと皮脂を分泌しなきゃ」と必要以上に皮脂分泌が行われる。でも、アルコール系シャンプーでまた必要以上に皮脂は洗い流される…、この繰り返して皮脂コントロールが乱れてしまうんだよ。

リリコ

それを改善するためにも、アミノ酸系シャンプーに変えるのがいいんですね!

GEN

そうなんだ!アミノ酸系シャンプーは、洗浄力は弱くなるけど頭皮にとっても優しくて低刺激な上、必要以上の皮脂までは洗い流さず残してくれるから、アミノ酸系シャンプーを使っていれば皮脂コントロールが乱れる心配はないんだよ。
洗浄力は弱いと言っても、丁寧に洗髪していれば頭皮の汚れはしっかり落としてくれるから、洗い上がりに不満は出ないはずだよ!

治療

軟膏病院に行くと、痒み止めと炎症止めにステロイド軟膏と、抗菌剤を並行して付けるように指示されるかと思います。
ステイロイドはきちんと使って早く終らせることが一番です。
自分で薬屋から購入する場合は、途中でやめずにしっかり指示どおりの量を使い、早く完治させてやめるようにしましょう。
基本的にはマラセチアで皮脂を減らすことが治療の一環となります。
また、再発することもありますが早く発見してすぐに薬を付けることで、ひどくならずに治まるようになるはずです。