フケ予防のためのシャンプーの選び方




シャンプー剤を選ぶ

フケ予防のためにはシャンプー剤も選ぶことが大切になってきます。
そして普段のシャンプーの方法なども意外と問題が隠れているのでその辺のことを詳しく考えてみましょう。

頭皮の状態が変わることもある

シャンプー剤例えば今までと同じシャンプーを使っているのに最近フケや痒みが出てきた場合、シャンプー剤のせいではないかと思いがちですが、同じシャンプー剤を長く使っていても頭皮の状態が急に変わることもあります。
例えば長い間、化学薬品の固まりのような一般のアルコール系シャンプー剤を使っていると、ある日突然アレルギーが出ることもあります。
できるだけフケの多くなってきた人、痒みのある人は天然成分100%に近いアミノ酸系のシャンプー剤を選ぶようにしましょう。

ノンシリコンがいいの?

最近はアミノ酸系のシャンプー剤の良さ、またアルコール系シャンプー剤の頭皮に与える悪影響などが多く知られるようになって以来、『ノンシリコン』という言葉がひとつの合い言葉のように知れ渡りました。
そのため、シャンプー剤を購入するときにはノンシリコンのものをという傾向があります。

毛髪のキューティクルが開いてしまう

化学薬品でのシャンプー剤でシャンプーすると毛髪のキューティクルが開いてしまうので、どうしてもツヤもなくなりバサバサになってしまいます。
それをごまかすためにツヤを出すコーティング剤としてシリコンが配合されるようになったわけです。
つまりシリコンが入っているシャンプー剤は、逆に言うと髪をパサパサにしてしまうものとも言えるのではないでしょうか。

そこでノンシリコンのものが良いというようになっていったのです。
でも実はノンシリコンと言ってもアミノ酸系の天然成分100%のものではなく、今までの化学薬品シャンプー剤にシリコンではないがシリコンと同じような薬品系のツヤコーティング剤を入れているものも売られています。

最近では今までの一般的なシャンプー剤も、天然成分配合やノンシリコンは当たり前のようになってきました。
でもそれはあくまでも、プラスαの天然成分やシリコンではないコーティング剤が使われているだけなのです。

このようにノンシリコンだから良いとは限らないので、配合されている成分をよく見てから購入しましょう。
最初からひとつに絞らず、気になるシャンプーはいくつか実際に使用してみて、使い心地や洗いあがりの髪や地肌の状態を見比べてみると、自分に合ったシャンプーを選ぶことができます。そしてその中でも肌に優しく、しっかり汚れの落ちるものを選ぶことが重要なのではないでしょうか。

リリコ

「ノンシリコン」って謳っているシャンプー、本当に増えましたよね!
商品パッケージにノンシリコンって書いてあるだけで「あ!髪にいいんだ!」と思ってしまいます。

GEN

一般的に「ノンシリコン=髪に良い」という法則が成り立ってしまっている証拠だよね。でも、フタを開けてみると上記でも説明の通り、「ノンシリコ」ってシリコンを配合していない商品ってだけであって、シリコンと同じ効果のあるシリコンに変わる別の成分が配合されているだけのことなんだよね。

リリコ

その事実、正直知らない人多いと思います。

GEN

多いだろうね。
だからこそ実際に使用してみて、使い心地や洗い上がりの頭皮や髪の状態を見極めてほしいんだ。
とは言っても、昔は「毛穴に詰まる」と言われていたシリコンも、時代の流れと共に化粧品業界の研究も進んでいるから「非常に細かい粒子のため、毛穴に詰まることなくきちんと洗い流れる」ということが判明しているんだよ。

リリコ

そうなんですか?!
じゃあシリコンだからってそんなに毛嫌いしなくてもいいんですね!

GEN

だからその辺のことも踏まえて、自分に合う、それも頭皮に優しいシャンプー剤を選んでもらえるといいな!

シャンプーの洗い方のポイント

シャンプーの洗い方洗うときにはまず、ぬるま湯でしっかり頭皮を洗い流し、それからシャンプー剤で丁寧に洗っていきます。
洗うときには優しく指の腹を使って10本の指でつまむようにマッサージ洗いをし、少し時間をかけて行いましょう。リンスやコンディショナーは頭皮まで付けないようにします。
シャンプーもコンディショナーもすすぎはしっかりと丁寧にすることがポイントです。

洗い終わった後は髪を拭くときにゴシゴシと擦らず、パンパンと叩くようにタオルに水分を吸わせていきます。それからすぐにドライヤーで髪をしっかり乾かすことが重要です。
乾燥地肌の人は乾燥しないために乾かさない人がいますが、時間が経つと逆に乾燥してしまう原因になります。
乾燥が気になる場合は、地肌が乾いてから保湿ローションなどを付けておくといいでしょう。