頭皮の痒みに効果的な薬




薬

頭皮の「かゆみ」に対しいてすぐに病院に行かずに、まずは市販のローションや薬などを使ってみるという考えをお持ちの場合、頭皮の「かゆみ」の原因を考えてみましょう。

原因別の薬のご紹介

薬

皮脂などの汚れの付着には

脂症の人に多い原因のひとつですが、毛穴に細菌が繁殖しやすい環境にあるため、油分ゼロの殺菌力の強い市販のローション薬などを使うことをおすすめします。
できものやニキビができていたら、小さい時点で塗布しておくと大きくならずに改善することも。

ガサガサの乾燥肌には

乾燥してガサガサ肌で痒い場合は保湿ケアが重要なので、薬でなくても化粧品として家にある保湿ローションでもいいのではないでしょうか。
シャンプー後しっかりと乾かしてから頭皮に薄く付けておきましょう。またスクワランオイルや馬油、椿油など天然油を水で薄めて地肌に擦り込むようにすると、乾燥肌に効果があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー皮膚炎の場合はアトピーの重度によって、病院で処方された塗り薬を使った方がいいかも知れません。
どうしても病院に行けないときにはステロイド入りの市販の「かぶれ、痒み用」の軟膏がおすすめです。
また、ステロイドなど一切入っていないものも、アトピー用のローションとして出回っているので、ステロイドを避けたいときにはそれらを使うようにしましょう。

乾癬

乾癬の場合は完全に完治する薬はなく、医師の処方によってステロイド軟膏かビタミンD3クリームが処方されます。
市販では難しいので必ず医師に相談しましょう。他にも内服薬や点滴、注射などもありますが、どれも医師による処方薬となります。

市販薬を使う前に

病院でみてもらう市販薬は病院に行かなくてもすぐに手に入り便利ですが、疾患によっては逆効果になってしまうこともあるので、まず痒さが異常だったり、痒さだけでなく赤みや腫れ、痛みなどの症状があり、いつもとはあまりにも違うと感じるときには、何も付けずにすぐに病院に行くようにしましょう。

市販薬の基本

頭皮の痒みで市販薬を選ぶ場合、炎症があるなら抗生物質やステロイド入りの軟膏を
乾燥した地肌でフケが多いようなら、まず痒み止めの軟膏や、痒みが軽い場合は化粧ローションで保湿をしてみましょう。
赤みがある場合はかゆみ止めステロイド軟膏の方がいいでしょう。

脂性の場合はクリームや軟膏でも、脂分の入っているものは使わないようにしましょう。
特に脂分の全くない消毒ローションなどがいいでしょう。
そして同じ薬を2日程度使用してみて、全く回復傾向が感じられない場合は薬を変えるか、病院に行くようにしましょう。
もし少しでも回復傾向があるならもう数日様子を見てみて、病院に行くか決めるようにするといいのではないでしょうか。

GEN

市販薬を購入する際、メーカー別で同じような薬がたくさん並んでいて正直悩むって人は、近くにいる薬剤師さんに相談して薬を選ぶようにしましょう!
カンだけで「これかな?」と選んだ薬で、良くなるどころか逆に悪化してしまっては大変だからね。

リリコ

確かに!薬ってたくさん種類があり過ぎて正直悩むことがあります。そんな時に相談できるのが薬剤師さんですからね。

GEN

薬剤師さんによっては、症状から見て市販薬を使用するより、きちんと病院にいって医師に診断してもらった上で処方してもらう処方薬の方がいいとアドバイスしてくれることもあるだろうから、そんな時は市販薬にこだわらずすぐ病院に行くのがいいね!
時間をかけて治すより、医師判断の元で処方される薬で短時間で治せるならその方が誰だっていいでしょうから。

最近人気のココナッツオイル

ココナッツオイルは最近とても人気を集めていますが、以前から髪にも地肌にもとても効果があると言われています。
シャンプー30分前に髪の毛と地肌に擦り付けておき、普通にシャンプーします。髪もきれいに自然のツヤが出て、頭皮トラブルを改善することができます。