食生活・食べ物の改善で頭皮ニキビ予防




食生活

頭皮の「ニキビ」は食生活で改善することができます。
食事は毎日のことなのでちょっとしたことを心掛けるだけでも、頭皮ニキビの改善につながるのです。さて、どのようなことを心掛けたらいいのでしょう?

脂肪分の多いものは避ける

魚料理一般的にニキビ体質の人は、脂っこい料理や脂肪分の多い食品を控えるようにしましょう。
肉なら脂分の少ない赤身がいいでしょう。そして可能であれば肉を全体的に減らして、魚を増やします。
特に青魚は血液中のコレステロールを減らす効果もあるので、青魚は意識的に食べるようにするのが好ましいです。
例えばアジ、サバ、イワシ、マグロ、カツオ、ブリなどがあります。また鮭は皮膚を強くする成分が豊富なので、是非食べるようにしましょう。

オイル摂取も注意する

オリーブオイルまた料理するときのオイルやマーガリンも避けたいオメガ6と言われているもので、できるだけニキビのためには避け、オリーブオイルやココナッツオイル、ゴマ油に切り替えるようにします。

クッキーやケーキなど洋菓子にはオメガ6オイル類がたくさん使われているので、お菓子は洋菓子より和菓子にしましょう。
またチョコレートも脂肪分が強いので避けるようにします。

ベジタリアン並みに野菜を多く摂る

野菜野菜はどんな野菜でもいいので、できるだけ多く摂るようにしましょう。
ただし生野菜のときにはオメガ6がたっぷりのドレッシングを掛けすぎることにもなるので、オリーブオイルとポン酢程度で食べるのがおすすめです。

野菜にはポリフェノールも多く含まれるので、活性酸素を除去してくれる効果があります。
ニキビによって肌にはたくさんの活性酸素が溜まります。できるだけ抗酸化物質の高いものを摂るようにしましょう。
最近はブルーベリー、ビルベリー、アサイーなどの抗酸化作用の高いフルーツも出回っているので意識的に摂りましょう。
また梅干しは抗酸化成分も豊富なので毎日食べると良いです。

GEN

さて、ここで「活性酸素」という言葉が出てきたけど、活性酸素ってどんな状態のことを言うのか分かるかな?

リリコ

言葉は耳にしたことはあるけれど…どんな状態かと言われると…ちょっと答えられないかも…。

GEN

「活性酸素」とは、簡単に言うと体内に送り込まれた酸素が「酸化」したもの。
酸素を含む物質の中でも特に活性が強いがゆえ、体内の細胞を壊してしまう有害なものなんだ。

リリコ

細胞を壊してしまう?!
活性酸素が発生してしまう原因には、どんなことがあるんでしょう?

GEN

紫外線や排気ガス、日頃のストレスや喫煙、食生活など、活性酸素が発生してしまう原因はさまざまなんだよ。
だからこそ活性酸素を除去し、体に溜めこまないようにすることが大切なんだ!

リリコ

今まで活性酸素なんで意識したことなかったですけど、これを機会に活性酸素を除去してニキビなんかのトラブルができにくい体作りを考えてみます!

刺激物に注意

ニキビには刺激物の摂り過ぎもおすすめできません。
タバスコ、からし、わさび、カレーなどの刺激の強いものの摂取には注意が必要です。
喫煙によってビタミンCは驚異的に減少するため肌トラブルには絶対に辞めるべきでしょう。お酒の飲み過ぎも絶対に避けるように心掛けてください。

ニキビに良いビタミン

ビタミン肌に乾燥や細菌から守る強い粘膜を作るためにも、ビタミンAを意識的に摂るようにしましょう。
特に緑黄野菜に多く含まれるのでかぼちゃ、人参、ほうれんそうなどがおすすめです。
また、ビタミンEやビタミンDが肌を丈夫にしてくれるので、ゴマやアーモンド、ナッツ、鮭、しらす、イワシなどに多く含まれているので、意識して食べるのが良いです。

便秘をしないために

便秘もニキビの原因となります。
腸内に溜まった便が腸から吸収され、血液に混ざって体中に回っていきます。

特に皮膚にはすぐに回りやすいので、ニキビ体質の人は絶対に避けるようにしたいものです。
そのため野菜を多く摂るようにしましょう。
特に便秘に効果のある水溶性の食物繊維は、キノコや海藻、ヌルヌルした野菜なので、それらを意識的に摂取します。