枕が汚いと頭皮にニキビができやすい?




枕

頭皮のニキビには「枕」が関係しているということはご存じですか?

枕が汚いとやはり不潔になりやすいので、頭皮に「ニキビ」ができやすくなるのは当然かも知れません。
そこでニキビと枕の汚れを中心に「頭皮ニキビ」について考えてみましょう。

枕の汚れ

枕の汚れ枕には顕微鏡で見ると二度と使いたくなくなるほど、たくさんの雑菌が存在しています。
では、どうしてそんなに汚くなってしまうのでしょう?

寝ているとき、特に頭部と背中にたくさんの汗をかくと言われています。
つまり汗を大量にかくことで、枕の湿気とぬくもりで雑菌の繁殖はベストな環境になってしまうのです。

その上、いくらシャンプーをして清潔に保った髪であっても、寝ている間に新陳代謝が活発になるので皮脂などの汚れが出てくるのです。
そのため、枕の中は雑菌の温床になってしまうのです。

まして枕はそんな頻繁に買い替えることはないので、結構古いものを使っていることもあるかと思います。
そうなると、なおさら枕は不衛生な環境となり細菌の温床になるのも当然なのです。

ニキビと細菌

ニキビになる原因はニキビ菌、つまりアクネ菌が毛穴の中で異常繁殖してしまった結果
逆にニキビ菌ではなく、普通の雑菌が異常繁殖していればニキビではなく吹き出物になります。

アクネ菌も常在菌の一つですが、ニキビ体質の人にはアクネ菌がとても多く、そのうえ肌代謝も悪いためにニキビになりやすくなります。
ニキビ体質の人は特に枕はいつも殺菌を心掛けて、アクネ菌が増えないようにしましょう。

顔のニキビも枕が原因

顔のニキビ頭皮ニキビに限らず、顔ニキビや首や背中のニキビまでもが枕の汚れによってニキビの原因となっている場合もあります。
枕にアクネ菌などが大量に発生していると、毎日お風呂に入って清潔な状態で布団に入るようにしても影響があります。

もちろん枕だけでなく寝具はすべて同じことが言えるので、どれもこまめに洗濯・除菌をして清潔な状態で気持ち良く使用しましょう。

枕カバーだけではダメ

枕カバーはせめて毎日洗いたいものですが、実は枕カバーだけでなく枕そのものを消毒することを考えましょう。

まず古くなった枕は新しくすることで、随分雑菌量は違ってきます。
そして直射日光にできる限りしっかりと当てて殺菌することや、水で洗えるビーズ枕のようなものを使用するのもおすすめです。
そして枕カバーはできるだけ厚めのバスタオルなどを使い、毎日洗うようにしましょう。

ニキビ菌だけでない

枕にはニキビ菌だけではなく、例えばヨダレや涙、頭皮の皮脂や角質の剥がれたフケなどがついています。
そのためダニやダニの死骸、雑菌などの温床となってしまいがちです。

ニキビだけではなく、吹き出物やかぶれ、痒み、結膜炎、そして脱毛にも大きな影響があります。

リリコ

毎晩何気なく使っている枕に、驚くほどのダニや雑菌が潜んでいると思うと…それだけで気持ちよく寝るなんてできなくなりますね…。

GEN

枕カバーは洗っても、枕自体を洗う人って、意外と少ないかもしれないね!
毎日使うものだからこそ、定期的にカバーも枕自体も丸洗いして清潔な状態で使わないと、枕に潜むダニや雑菌は減るどころか増える一方なんだよ。

リリコ

私、今までカバーは洗っても枕自体を洗うって考えがなかったから、完璧に『清潔な枕』とは言えないわ…。
それじゃあどんなに毎晩髪をキレイに洗ったとしても、枕が清潔じゃなかったら、枕から菌が移って頭皮にトラブルが発生してもおかしくないってことですよね。

GEN

そういうことだね。
なにかしらの頭皮トラブルで悩んでいるなら、まず『清潔な枕』に変えて様子をみるのもひとつの手だね!

枕カバーやタオルを洗うコツ

枕カバーやタオルの殺菌、消臭をしっかりおこないましょう。

洗濯の前に40度のお湯と小さじ1杯の重曹を入れたバケツに30分程漬け込んでから、洗濯機で普通に洗います。
臭いも取れてしっかりと殺菌されるので気持よく使えます。

特に加齢臭などが気になる場合はこのような洗濯方法がおすすめです。