産後に頭皮ニキビができてしまう原因と対策




産後のママと赤ちゃん

産後に「頭皮ニキビ」ができやすいというのは、どのような原因があるのでしょう。
原因から対策を探ってみましょう。

ホルモンバランス

表
頭皮はホルモンバランスが悪くなるとダメージを受けます。
特に抜け毛などが起こりますが、ニキビ体質の人は妊娠中や産後すぐの時期が一番ニキビができやすくなると言われています。

実際には排卵日から女性は次の妊娠までプロゲステロンの分泌が優位になり、そして生理が来るとまたエストロゲンの分泌が優性となるわけです。
特にプロゲステロンは肌荒れや脂性の肌トラブルを起こしやすくするため、ニキビもできやすくなります。

そして妊娠した場合は、プロゲステロンの分泌が優位のまま妊娠という時期に突入していきます。
妊娠中はエストロゲン優位を続けながら、急速にどちらも普段の数倍分泌されるようになるのです。
そして出産と同時にこれらの女性ホルモンは急激に妊娠前の通常時に戻るので、出産するタイミングで再びホルモンバランスが乱れます。

出産までずっとプロゲステロンの分泌量が優位のためニキビを発症しやすい状態になり、出産してもしばらくはホルモンが安定するまでホルモンバランスが悪いので、同じくニキビ発症のリスクが高くなります。
またプロゲステロンは便秘も引き起こしやすくなるため、よりニキビができやすい環境になっているとも言えそうです。
出産してホルモンバランスが落ち着くまでに1カ月程度かかり、そして生理が再開して正常なホルモンバランスへと戻っていくのです。

出産後に注意すること

慣れない子育てホルモンバランスが通常の状態に戻ると、あとは妊娠前と同じように排卵日から生理までのプロゲステロンが優位な時期に、ニキビ体質の人は頭皮ニキビもできやすくなります。
この時期には睡眠を十分とり、ストレスを溜めないようにするなど注意をしましょう。
便秘もしやすいので、食物繊維を意識的に多く摂るように心掛けます。

その他にも出産をすると、今度は慣れない子育てのために疲れが溜まってしまうものです。
その上、赤ちゃんによっては夜泣きがひどい場合もあり、ママは睡眠不足になることも多いのではないでしょうか。
そうなると今度は寝不足と過労によってホルモンバランスが乱れます。
それによってまた頭皮ニキビが起ることもあるので、できるだけ寝むれるときには少しでも睡眠を取るなどして、寝不足、疲れを解消するようにしましょう。

出産後は頭皮もデリケート

出産後は頭皮もとてもデリケートになっています。そのためシャンプーなどのヘアケア製品も見直すようにしましょう。
特にアルコール系シャンプー類は洗浄力が強すぎて肌にとても負担がかかってしまうので、肌に優しいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
そして正しいシャンプー法で洗髪するようにしましょう。

リリコ

女性は出産後、お肌も髪もボロボロになるって言いますよね。
もちろん個人差もあるんでしょうけど、私の友達にも体質や髪質が変わったって言う子が何人かいました!

GEN

どうして産後、体質や髪質が変わってしまうのかというのは上記でも説明があった通り、ホルモンバランスの乱れと慣れない育児からのストレスがやはり大きな原因なんだよね。

リリコ

そんな原因からできてしまう頭皮のニキビやトラブルって、避けられないものなんでしょうか?

GEN

産後の体はとてもデリケートになっているから、上記でもあったようにヘアケア製品を見直すだけでも十分トラブル回避は可能だよ!

リリコ

アミノ酸系の優しいシャンプーに変えるといいんですね!

GEN

その通り!
アミノ酸系のシャンプーは弱酸性で地肌には低刺激なんだ。だからこそ産後のデリケートな頭皮を洗うには、弱酸性のアミノ酸系シャンプーが安心安全なんだよね。
髪の毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質が主な成分なんだけど、アミノ酸系シャンプーはそのたんぱく質を守りながら洗髪することができるんだよ!

リリコ

地肌に優しいだけじゃなく、髪の毛にも優しいんですね!
今度、産後に頭皮で悩んでいる友達がいたら、アミノ酸系シャンプーのことを教えてあげます!

精神的ストレス

赤ちゃんと外出また育児が忙しくなると時には夫婦関係もストレスとなる場合があります。
どうしても女性は自分ばかりが辛いと思いがちです。そんな気持ちをフォローすることは、男性にはなかなか難しいところもあり、ストレスが溜まってしまうこともあります。
たまには赤ちゃんを両親などに預けてショッピングをするなど、自由な時間を作るようにするのもおすすめです。