シャンプー時の洗い残しも洗い過ぎもニキビの原因に




シャンプー時

頭皮のニキビには、シャンプー剤の洗い残しは絶対に注意しなければなりません。
それとともにシャンプー剤の質も見直すようにしたいものです。

シャンプー剤の洗い残しの恐怖

シャンプー
シャンプーのときには、シャンプー剤をしっかりと洗い流すことが大切です。
シャンプー剤は毛穴や地肌、髪の毛の汚れを取るための洗剤です。
汚れを取るための洗剤(シャンプー剤)が頭皮に洗い残ってしまうということは、頭皮トラブルの原因につながります。
トラブルによっては皮膚がかぶれるということが起こる場合も。そうなると皮膚のバリアが完全に弱るため、ニキビも当然できやすくなってしまいます。

他にもシャンプー剤が皮膚にダメージを与えることで、皮脂分泌のコントロールが利かなくなることもあります。
それによって異常な皮脂分泌過多や分泌不足も起ります。どちらの症状もニキビが出来やすい状態です。
特に皮脂が増え、かぶれのために皮膜が剥けるとアッと言う間に毛穴に老廃物が溜まってしまいます。
そうなればニキビや吹き出物だけでなく皮膚病などいろいろなものができるリスクが高まってしまうのです。

シャンプー剤にも注意が必要

シャンプー剤

シリコンが怖い

最近は一般のアルコール系シャンプー剤が、頭皮に悪影響があるということを多くの人が知るようになり、また質の良いアミノ酸系のシャンプー剤が手に入るようになりました。
少し前まではシャンプー剤というと、ほとんどがアルコール系シャンプーでした。そしてそれを私たちも当然のように使っていたわけです。

アルコール系シャンプー剤とは強い化学薬品でできているため価格も安く、そのうえシリコンなどが配合されているので髪の毛はツヤツヤになります。
しかし化学薬品で頭皮も髪の毛もボロボロになるために、トリートメント剤に含まれるシリコンで毛髪をコーティングしてツヤが出るようになっています。

シリコンも髪には良くないと言われていますがシリコンが良い悪いという前に、シリコンを使わなければならないシャンプー剤こそ、恐ろしいものだということではないでしょうか。

合成界面活性剤が怖い

毛穴の汚れを引き出すために、シャンプー剤には合成界面活性剤が使われています。
それによって頭皮を傷めるだけでなく、毛穴の皮脂を必要な分まで取り去ってしまうのです。
そのため、皮脂はどんどん出てしまったり、逆に出なくなってガサガサの頭皮になってしまったり、皮脂分泌に異常が起る原因に。
そのような頭皮環境の影響によってニキビが出来ることになってしまいます。

それだけでなく抜け毛などが起るのも当然です。
シャンプーを変えるだけでも抜け毛やニキビが改善されることは、多くの人が体験しているのではないでしょうか?
もちろんナチュラルなアミノ酸系シャンプーであっても、洗髪のときにはしっかりすすぐということは守りましょう。

シャンプー剤と洗髪法の両方見直すことによって、ずっと頭皮ニキビも改善されるはずです。
頭皮ニキビに限らず抜け毛なども気になっている場合も、是非シャンプー剤とすすぎの見直しをしてみましょう。

GEN

そもそも、シャンプーの構成成分や頭皮の汚れが落ちるしくみって知ってる?

リリコ

えっと…正直よくわからないです…。。

GEN

シャンプーって、主に精製水と界面活性剤でできているんだ。
しかも、界面活性剤の配合量が約7割とすると、精製水の配合量は3割ほど。
シャンプーにはそれだけ多くの界面活性剤が配合されているんだよ!

リリコ

約7割もですかっ?!
それを考えると、アルコール系の強いシャンプーを使用するのは…どう考えても頭皮には刺激が強すぎますよね…。

GEN

だからこそ、アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使うのがいいんだよ!
それから、頭皮の汚れを落とすしくみだけど、これは頭皮の皮脂汚れ(脂)は水だけでは落とすことができないから、界面活性剤で皮脂汚れを浮かして水で洗い流しているんだよ。
アルコール系のシャンプー剤は界面活性剤の洗浄力が強いから、必要以上の皮脂まで洗い流してしまう。それが原因で皮脂分泌のバランスが崩れてしまうということになってしまうんだ。

リリコ

その反面、アミノ酸系のシャンプー剤は界面活性剤の洗浄力が弱い分、頭皮には優しいし、必要以上の皮脂までは洗い流さないという利点があるってことですね!

GEN

そういうこと!
頭皮のことを考えるなら是非アミノ酸系シャンプーに買い替えてみてほしいな!