頭皮ニキビができると薄毛やハゲる原因になる?




頭皮を気にする女性

皆さん薄毛と頭皮ニキビの関係をご存知ですか?

頭皮の「ニキビ」は薄毛やハゲる原因となります。
どのようなメカニズムでそんなことが起こるのか、薄毛対策のためにも「頭皮ニキビ」は改善するようにしましょう。

頭皮ニキビは皮膚再生サイクルの乱れ

頭皮ニキビができたら頭皮のターンオーバー、つまり皮膚再生サイクルが乱れていると考えるべきです。
そして頭皮は蒸れや汗、皮脂などで悪環境だという赤信号になっていると考えましょう。それは抜け毛の原因になる前ぶれなのです。

頭皮の中のニキビはなかなか見つかりにくい場合もあります。
大きなニキビは痛みがあったり、膿んだものがベタついたりするため気が付きますが、小さく細かいニキビがたくさんできるタイプの場合は意外と気付かないものです。

頭皮ニキビは頭皮のコンディションが悪いということになります。
地肌が畑で髪が野菜なら、元気のよい野菜をたっぷり作るためにも、畑である土壌が健全でなければなりません。

健全でなければ野菜は枯れ、やがて抜け落ちてしまいます。
髪の毛も畑の土地がべちゃべちゃの湿地だったり、ガサガサと乾燥してヒビ割れていたら野菜は育ちませんよね。
髪の毛と地肌の関係もこれと同じなのです。

リリコ

地肌が畑で髪が野菜かぁ。この例え分かりやすいですね!
確かにいい野菜をたくさん作るにはいい畑じゃないと育たないですもんね!

GEN

そうだよ。
『いい畑』とは、地肌で言うと清潔で頭皮コントロールがしっかり整っている状態。
『いい野菜』とは、髪で言うと髪全体に栄養が行き渡り水分もよく含んでいる太くしっかりとした髪の状態だね。

リリコ

そう考えると、頭皮ニキビができやすいコンディションの悪い頭皮環境は、頭皮から髪に必要な栄養分が行き届かなくなり、髪は細くなってやがて抜けてしまうってことですよね?

GEN

その通り!
薄毛・抜け毛を改善するには、何よりも頭皮環境を整えることが大切ということ!
じゃ、この流れで「頭皮と薄毛のメカニズム」を見ていこう。

頭皮にできるニキビ・かさぶたの原因とは?

2015.07.30

頭皮ニキビと薄毛のメカニズム

頭皮とニキビ菌

頭皮にニキビ菌が繁殖すると皮膚細胞に進行していき、免疫機能によって細胞に入り込もうとするニキビ菌を炎症で殺そうとします。
そのため進行してくる細菌が多いほど炎症は大きくなるわけです。
そして炎症の熱で殺された細菌が膿という形で溜まり、その後排出されます。

このように炎症が強くなることで、その付近は活性酸素が大量に発生します。
活性酸素によって今生えている毛髪の寿命が短くなり抜けやすくなってしまうのです。

そして今後、髪の毛が生えにくい地肌になってしまう…。これこそ頭皮ニキビと薄毛のメカニズムなのです。

頭皮ニキビができる状態こそ薄毛になる可能性がある

頭皮ニキビによって薄毛、抜け毛になる理由は上に記しましたが、頭皮ニキビができる地肌こそ薄毛になりやすい頭皮ということを真剣に考えなければなりません。

つまり、しょっちゅう頭皮にニキビができているような地肌は、抜け毛が多くなる地肌であり、今後生えにくい地肌であると言えるのです。

そのためニキビができる地肌を改善させることが、今後の薄毛予防にも重要になります。
頭皮ニキビが良くできるという場合は、地肌は脂性か乾燥肌がひどいはずです。

どちらにしても皮脂分泌コントロールが狂ってしまっていると考えられます。

過度なシャンプーにも注意が必要

頭皮の皮脂が多い人は、皮脂をしっかり落としたいと思って、シャンプー剤で何回も洗髪してしまうことも。
合成界面活性剤配合のアルコール系シャンプー剤は、必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、なおかつ皮脂を異常分泌させてしまう原因になります。

薄毛の原因はシャンプーの選び方や洗い方にある?

2017.10.03

まず、アミノ酸系のナチュラルな質の良いシャンプー剤に変えて、1日1回の洗髪にとどめるようにしましょう。

乾燥がひどい頭皮環境の人も、皮脂の取りすぎということが考えられます。
同じように頭皮に優しいアミノ酸系のナチュラルなシャンプー剤を使うことをおすすめします。