男性薄毛は遺伝する?何歳頃から薄毛になるのか?




髪を気にする男性

男性が髪の毛で心配することの1つには
「親がハゲている場合、自分もハゲるの?」
「薄毛の遺伝はどのくらいの確率で起きるの?」
ということがあると思います。

確かに男性薄毛の場合は遺伝によって発症する可能性は少なくありません。
その場合、いつ頃から薄毛が始まるのでしょう。また、薄毛の予防する方法はないのでしょうか。
ここでは遺伝によって薄毛になるメカニズムや、薄毛対策などを解説しています。

薄毛の遺伝は男性ホルモンが関係している

男性の薄毛の遺伝は、男性ホルモンと関係していると言われてきました。
特に男性ホルモンが多い、男性っぽい男性は禿げるなんて言われていました。
しかし、男性ホルモンの量が薄毛とは直接関係がないというのが最近の見解です。

ただし、男性ホルモンの1つであるジヒドロテストステロンが多いか少ないかではなく、影響を受けやすい人か、受けにくい人かということに関係があるのです。

また、このジヒドロテストステロンを生み出す酵素である、5αダクターゼの分布も遺伝で違ってきます。
つまりジヒドロテストステロンの感受性が強いか弱いかは、ある程度遺伝に影響されることもあると言われているのです。

薄毛は誰から遺伝する?

男性の場合、自分が薄毛になるかは、親を見れば分かると思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、すべてが遺伝するわけではありません。
もちろん遺伝も十分要因としてありますが、特に薄毛の原因は1つではないことが多いのです。

例えば薄毛の遺伝子を持っている人が、食生活など乱れていれば薄毛のリスクはグーンと高まります。
逆に遺伝している人であっても、できるだけ薄毛の原因を排除した場合、その人は薄毛にならない可能性も高くなるのです。

そのため、遺伝がすべてではないことを頭に入れた上で、薄毛ケアをしっかり行うようにしましょう。

引用元:http://aga-navi.biz/inheritance-mechanism.html

父方の影響

よく父方の祖父を見ると分かるといわれていますが、現在の遺伝の研究では父方からの影響はほとんど無いと言われています。
今までは父方の遺伝が強いと言われていたので、父方の祖父が禿げていると自分も禿げるだろうと思ってしまっていた人もいるかも知れません。

しかし、実際に遺伝的なところではまず父方の祖父とはほとんど関係ないとのこと。

例えば食べ物の好みの遺伝や性格の遺伝が、祖父と似ているとしましょう。
お酒が好きだという好みの遺伝と、お酒におぼれてしまうという性格が遺伝していれば、同じように薄毛体質を作ってしまうこともあります。
これもある意味遺伝の関係と言えるかも知れませんが、いわゆる薄毛そのものの遺伝とは違うわけです。

母方の影響

ジヒドロテストステロンを生み出す酵素である、5αダクターゼの活性があるかは、母方からの遺伝が大きく関係があると言われています。

そのため、母方の祖父が薄毛であれば、孫が男性の場合は高い確率で、体質的に似る可能性が高いということなのです。
母親は女性なので薄毛にはなりにくく、その遺伝が隔世遺伝したように男性の孫に遺伝します。
男性は母親のX染色体と父親のY染色体が遺伝されますが、5αリダクターゼ活性遺伝子はX染色体にあるため、男性の母方からの遺伝が大きいと考えられているのです。

遺伝の場合いつ頃から薄毛が始まるのか

頭を気にする男性遺伝の場合、いつから薄毛になるのかということはとても気になるところです。
しかし遺伝はその人がAGAになるリスクが高いだけのこと

つまりAGAの遺伝子を持っている人は他の原因と絡むことで、より確率高く発症することなのです。

そのため、他の原因をできるだけ減らせば遺伝子を持っていてもAGA発症がない場合や、相当高齢になってから発症する可能性もあります。
遺伝を持っている場合のAGA発症の有無や発症の年齢も、その人自身の予防のための努力にも関係すると言えるのです。

ただし、どんなに予防しても薄毛が発症する場合もあり、個人差も大きいと言えます。
そのためAGAを発症しても努力が足らないとは言い切れず、努力をしたために発症しなかったという人も確実に存在するのです。

すべて1+1=2ではなく、いろいろな要因が絡まっているので、はっきり言い切れません。
しかし遺伝だからといって諦めることはなく、発症を遅らせたり症状の進行を抑える可能性もあるのです。

薄毛にならない確率は?

AGAの原因の約25%が遺伝と言われています。
確かにAGAの人の4分の1が遺伝ということは高い確率と言えるでしょう。

しかし、AGAの遺伝を持っていても、まったく発症しない人もいれば、発症を遅らせることができた人もいます。
ただケアもせずに、薄毛に悪いといわれている生活習慣や食生活を送っていれば、遺伝を持っている場合は、より発症率が高くなります。

つまり確率などはケースバイケースなので、数値で表すことはできないのです。
ケアをしたかしないかによって、確率は大きく変わることを知っておきましょう。

リリコ

親が薄毛の場合、やっぱり薄毛になる確率は高いんですね…。だけど、遺伝する可能性を持っているというだけで必ず遺伝するわけではないんですよね?

GEN

そうそう。だから特に母方の親が薄毛の場合は薄毛になる前からしっかりケアしておいた方がいいね。30代、もしくは20代後半から意識しておいた方がいいかもしれない。僕も母方の父親はハゲているから、そうならないようにシャンプーはスカルプシャンプーを使って毎日頭皮マッサージをしているよ。

薄毛遺伝子の検査方法

検査の内容

薄毛遺伝子の検査も行われています。
遺伝子検査にはメリットもいろいろあります。

今起こっている薄毛の原因は、本当にAGAなのか検査することができるのです。
自分ではAGAだと思っていても、実はそうでなかったということもあります。
それによって原因が違えば改善方法も違ってしまいます。

AGA治療で処方されるフィナステリドの効果の有無も、使用してみなくても遺伝子検査で分かります。
そのため無駄な治療をせずに、自分に適切な治療を行うことができるのです。
検査内容は口内粘膜採取のみなので、短時間で簡単に検査ができます。

男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子をチェックすると、AGAがまだ発症していなくても発症しやすいかどうかが分かります。

それによって今後の注意をすることもできるので、知ることはとてもメリットが多いのではないでしょうか。

検査の費用

クリニックによっても違いがありますが、約20,000円~25,000円が多いと言われています。
また遺伝子検査キットによる検査の場合は、約13,000円~15,000円程度です。

薄毛の対策方法

まだ薄毛が始まっていない場合

薄毛の兆候がまだない場合は、早めのケアが重要となります。
そこでどのような薄毛対策が良いでしょう。

まず、洗髪をしっかり考えるべきです。
シャンプーをスカルプシャンプーやアミノ酸シャンプーなどの頭皮に刺激が少なく、添加物など使われていないものにチェンジしましょう。

そしてシャンプーの仕方ももう一度見直します。
できるだけシャンプー時は頭皮マッサージをしてあげるようにしましょう。

その上で暴飲暴食を避けたり、睡眠をしっかり取るなど生活習慣も見直すようにしましょう。
また栄養のバランスの取れた食事を意識して、基礎的な体質から薄毛ケアをしていくようにしたいものです。

薄毛や抜け毛の原因になってしまう食生活とは?

2017.10.04

軽度の薄毛の場合

軽い薄毛が気になったときには、シャンプーを選び、正しい洗髪の方法を行うこと。
食生活や生活習慣も見直すことなどは、まだ発症していないときの予防法と同じく注意すべきです。

また、育毛剤の使用もおすすめです。
軽度の薄毛であれば育毛剤で毎日ケアすることで改善できる可能性は高まります。

その上で薄毛が気になってきたら、早めに医師に相談することをおすすめします。
早いうちの治療により、できるだけ薄毛を食い止めることができます。

それだけでなく、まだ軽度のときには医師の処方と指導によって、髪が増えることも十分考えられるのです。

重度の薄毛の場合

重度の薄毛の場合は当然、上でご紹介したように洗髪の方法、シャンプーの選択、医師の診断などが必要となります。

その上で少しでも早く医師に相談し治療を開始すべきです。
それによってこれ以上の薄毛を食い止めるということが先決となります。

重度となると治療によって毛を増やすことは、ほとんど難しいと言えそうです。
とにかく今の薄毛をこれ以上増やさないように、食い止めることを目的に治療を開始すべきでしょう。