薄毛の原因はシャンプーの選び方や洗い方にある?




シャンプー
薄毛や抜け毛の原因の1つにシャンプーが関連していると言われています。

「自分に合わないシャンプーを使用した場合は薄毛になるの?」
「シャンプーでの洗い方によっては薄毛の原因になるの?」

といった声を聞くことも少なくありません。

では、どのようなポイントで選ぶようにすればいいのでしょう。
また正しい洗い方もご紹介したいと思います。

シャンプーが薄毛の原因になることがある

シャンプーは髪を清潔に保つためであり、本来薄毛を予防するものです。
しかし実際には洗髪方法の間違いやシャンプーによるトラブルは抜け毛、薄毛にもつながってしまうのです。

現実に男女ともに若いうちからの薄毛や抜け毛が増えています。
もちろん大気汚染、ストレス、薬剤などいろいろな原因がありますが、その中に洗髪の方法やシャンプーが原因の場合も多いのです。

そのため、最近は化学物質を使用しないアミノ酸系のシャンプーなども豊富に出回るようになっているので、質の良いシャンプーに替えてみることも大切です。

私たちは小さいときからずっと、化学物質でできたシャンプーを当たり前のように使用してきました。
長期間使用してきたことと、加齢やストレスなど他の要因が重なって、薄毛が増えているのです。

アレルギーになったり、皮脂分泌異によってパサパサになったり、逆にべたべたになったりと、その症状はさまざまです。
化学物質でできたシャンプー剤をやめて、正しい洗髪を行うようにするだけで、きっと健全な地肌と毛髪が戻り、薄毛対策もしっかり行えるはずです。

どんなシャンプーを使用すると薄毛になりやすいのか?

シリコン系シャンプー

アルコール系シャンプーの多くにはシリコンが使用されています。
アルコール系シャンプーは化学物質でできたものですが、良い香りや綺麗な色が付いているため、わたしたちはとても良質なシャンプーと思って使用してきました。

しかし、実際は強い化学薬品なのでどうしても頭皮や毛髪はボロボロに。
そこで仕上がりを美しくするために、今度はシリコンでコーティングするというものです。

それによってあたかもツヤツヤ、サラサラの髪は健全な髪そのまま。
まして毎日のよう洗髪している人は、毎日のようにシリコンをコーティングしているので、本当に美しい髪のように感じられます。

しかしそんなことを続けていると、シリコンが頭皮に浸透してしまい、毛根を駄目にしてしまいます。
髪に良くない成分の入ったシャンプーだから、髪の劣化をカバーするためにシリコンを使う。

これではいつまでも本来の髪の力を高まることもなく、逆に毛根自体を駄目にしてしまうのです。

強い洗浄成分が配合されているアルコール系シャンプー

アルコール系シャンプーは合成界面活性剤によって、毛穴の中の汚れや皮脂を取っていきます。

しかし、毛穴の中には必要な皮脂もあり、それまで無理に取ってしまうため皮脂分泌の異常を起こすことも。
必要な皮脂まで取ってしまうと頭皮は乾燥してしまい、髪にも栄養が行かずにボロボロになります。

そしてもう一つ、逆にどんどん皮脂が取られるため、ますます皮脂が分泌されて脂性になってしまうこともあるのです。
しかしどちらも皮脂分泌異常であり、抜け毛、薄毛の原因になってしまいます。

防腐剤(パラベン)、香料、合成着色料などによる頭皮トラブル

また、アルコール系シャンプーには保存のための防腐剤(パラベン)、香料、合成着色料などが使われています。

日本製のシャンプーは当然日本の法律で認められた添加物を使用していますが、これらは使用量の制限があります。

もちろんそれを守って使用されていますが、1つの商品だけ制限内に抑えてもいろいろな商品に使われているため、実際に体の中にはどのぐらい、入ってきているか分かりません。

また、長期間使い続けることでどのような体との化学反応が起こるかなど誰も分かっていません。

しかし、実際に長期間のアルコール系シャンプーを使用してアレルギーを起こしたり、抜け毛を起こす人が増えているのも現実なのです。

注意すべき人の特徴

フケや痒みがよく出る人

フケや痒みがよく出る人は、皮脂分泌異常を起こしている可能性がとても高くなります

また、痒みのある人も地肌の保湿が不足している証拠であり、アレルギーを起こしかけている可能性すらあるのです。

このような症状が現れている人は、頭皮や毛髪からのSOSが出ていると考えましょう。
このまま放っておくと抜け毛、薄毛につながります。
早速アミノ酸系の質の良いシャンプーに替えてみることをおすすめします。

頭皮の痒みは抜け毛が悪化する危険も

2015.08.16

洗髪をし過ぎる人

シャンプーは髪の清潔のために1日一回はしたいものです。
ただし、皮脂の多い人に多く見られる洗髪のし過ぎは注意しなければなりません。
洗髪は一回行うだけでも、髪への負担は大きなものがあります

しかし、不潔にしておくことはそれよりもっと負担を与えてしまうため、できるだけ負担のない洗髪を行うようにしなければならないのです。

特に皮脂が多いから洗髪の回数を増やす人は毛穴の中の皮脂が減ると、より多くの皮脂を出す原因にもなります。
皮脂が十分足りているということを体に伝えることも大切なのです。

当然合成界面活性剤が配合されているシャンプーも変える必要がありますが、洗髪のし過ぎも十分注意する必要があるのです。

洗髪後の濯ぎが不十分な人 

洗髪では濯ぎがとても重要となります。
質の良いアミノ酸系のシャンプーであっても、洗浄する石けんの成分が頭皮に残ってしまうことは良くありません。

ましてアルコール系のシャンプーなどは、頭皮に残ることでアレルギーの原因にもなってしまいます。
そのため、シャンプーの後の濯ぎはしっかり行わなければなりません。

シャンプーの濯ぎは3分から5分と言われています。
しかし、実際にそのぐらいやっている人は、意外と少ないと言われているのです。

実際に3分間を測ってみると、こんなに長いのかと驚く人もいるかも知れません。
それほど軽く濯いで終わらせてしまっている人も多いのです。

薄毛にならない洗い方とは?

薄毛予防の洗い方についてのご紹介です。

①洗う前に軽くブラッシングする

まずシャンプー前に軽くブラッシングをしますが、これはあまり無理してブランシングすると逆効果。
軽くゴミを取る程度にして、髪が絡まるようなら無理にブラッシングせず、指である程度の絡まりを取るようにします。

②シャンプーマッサージ

シャンプーする女性その後しっかり頭皮までぬるま湯で濡らし、それからシャンプーを使います。
シャンプーを馴染ませたら、両手の指を10本の指の腹を使ってマッサージしながら、しっかり毛穴の汚れを押し出すようにしましょう。
その後は軽くすすぎ、もう一回軽く洗髪します。

③濯ぎとドライヤーはしっかりとする

そして最後に濯ぎをたっぷり行って終了です。

髪を拭くときは乾いたタオルで、髪を包み込んで水分を吸収させます。
あとはドライヤーでしっかり乾燥させるようにしましょう。

リリコ

濯ぎを十分にした方が良いって言うのは誰もが知っていることだと思うけど、実際はどのくらい濯ぎをすればいいのかな?

GEN

例えばシャンプーに3分くらい時間をかけたとしたら、濯ぎは3分以上行うのがベストかもしれないね。泡が無くなると、どうしても濯ぎが終わった気になってしまう場合も多いから意識していないと難しいかも…。

頭皮の痒みを防ぐシャンプーの正しい洗い方

2015.08.19

薄毛が気になる人はシャンプーを変えてみよう

無添加・ノンシリコン・パラベンフリーのシャンプーを選ぶ

シャンプーを持つ女性やはり薄毛ケアの一番の基本はシャンプーです。そのためシャンプー剤を選ぶことも大切です。
特に無添加のものを選び、ノンシリコンやパラベンフリーのものを使いたいもの。

また、他にも人工香料、着色料、エタノールなども無添加のものがおすすめです。
もちろん防腐剤的な効果はどうしても必要になります。
どのように良いものであっても、腐ってしまっては意味がありません。

しかし天然のものに置き換えて同じような働きをすることもできるのです。
例えば

  • シリコンは植物オイル
  • 防腐剤は防腐効果のある植物エキス
  • 人工香料や人工着色料は天然エキス
  • エタノールも爽快感のある植物オイル

で代用できるのです。

使用している界面活性剤が低刺激なものを選ぶ

界面活性剤の中にはいろいろなタイプがあり、低刺激の植物性界面活性剤配合のものを選ぶといいでしょう。
水分と油分を分離せずに混ぜるためには、どうしても界面活性剤は必要です。

そこで天然の植物性界面活性剤を使用したシャンプーを選びましょう。

ヤシ油などの天然油脂 ラウリン酸Na、オレイン酸Na、ステアリン酸Na
アミノ酸系界面活性剤 ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルアラニンNa、ラウラミノプロピオン酸Na、ラウリミノジプロピオン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na
石油系界面活性剤 ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩

アミノ酸系界面活性剤はなども化粧品などに使われることが多く、刺激の弱い天然界面活性剤です。
逆に石油系界面活性剤などは洗浄力は高いですが刺激がかなり強いため、頭皮環境を気にする人はあまり使わない方がいいです。

頭皮や髪に良い成分を配合しているものを選ぶ

薄毛ケアのためには、頭皮や髪に刺激が少なく、洗浄力もしっかりある成分を選ぶこと。

また、天然由来成分で代用できる成分は天然由来成分によって作られているものがおすすめです。
アルコール系の石油原料のものは少しでも省きたいものです。

アミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーがおすすめ

スカルプシャンプーは、スカルプケア成分が配合された頭皮ケアを目的としたシャンプーで、アミノ酸シャンプーは天然アミノ酸を中心に天然成分で作られたシャンプーです。

定義は違いますが、どちらも頭皮ケアをしっかり考えたシャンプー。
薄毛や抜け毛が気になる方は通常のシャンプーではなく、アミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーを使用することをおすすめします!